ホーム けんしんの概要 店舗・ATM一覧 手数料一覧 リクルート情報 よくあるご質問 お問い合わせ

けんしんの概要 経営理念 | 経営ビジョン | 組合概要 | 沿革・歩み

ごあいさつ


 日ごろ皆さまには格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
 この度、第67期事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の決算を行いましたので、事業の概要をとりまとめご報告申し上げます。
 さて、平成28年度の日本経済は、年度前半における世界経済の減速の煽りを受けたものの、雇用・所得環境が改善し緩やかな回復基調が続きました。また、金融経済においては回復の兆しがみられたものの、実体経済はマイナス金利と金融緩和策の継続効果が限定的なものにとどまり、民間設備投資や個人消費も大きな回復はみられず、自立的な経済成長への一進一退が続くなど、全般的に抑制された状態となりました。
 このような状況の中で、融資残高は当初の目標を上回ったものの、当期純利益は熊本地震の影響やマイナス金利政策による貸出金利回りの低下などから、前年度から大幅に減少いたしました。しかしながら、11期連続の黒字を計上することが出来ましたことは、ひとえに地域の皆さまのご支援、ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
 当組合は、今年度も引き続き、「信用組合の原点である『真の相互扶助』の精神に立った経営に徹する」、「コンプライアンス重視の経営に徹する」、「総代や自治体、地域商工団体との連携を深める」、「平成28年熊本地震により被災された中小企業者等の条件変更や新規融資などの資金ニーズに応え、地域の早期復旧・復興に向けて可能な限り最大限の対応をする」、「地方創生への取組みとして地域社会の発展に貢献する」、「経営陣はもとより営業店長の顔が見える経営に徹する」ことを基本方針とし、コンプライアンスの徹底と安定した収益の確保により自己資本及び経営体質の強化を図ることを経営目標といたします。
 当組合は、これからも常にお客さまや地域の視点に立ち、真に地域に必要とされる協同組織金融機関を目指して、安心してご利用いただける一番身近な地域金融機関となれますよう、役職員一丸となって努力してまいりますので、今後とも一層のご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

平成29年6月


理事長 島田万里
理事長(代表理事)
島田 万里

経営理念

お客さま自らの協同組織として満足のいく組合づくりに努め、お客さまの豊かな暮らしづくりと地域社会の発展に奉仕します。

経営ビジョン

熊本県信用組合は、地域のニーズに応えて、地域の中小企業と住民とともに歩みます。
私たちは、地域に密着し、時代とともに変化するお客さまの金融ニーズに、人と人のつながりを活かして、的確かつきめ細やかに応えていきます。
また、地域の方々が一番身近な金融機関として安心してご相談いただけるよう、私たちは、金融知識の習得を図るとともに、人間性の向上に努めていきます。

組合概要

(平成29年3月末現在)

設立 昭和25年11月
所在地 〒860−0012
熊本市中央区紺屋今町1番1号
理事長 島田 万里
組合員数 74,035人
出資金 5,037百万円
預金残高 100,723百万円
貸出金残高 65,826百万円
店舗数 20店舗
常勤役職員数 173人(男性116人・女性57人)

ページトップ

沿革・歩み

昭和25年11月 人吉球磨信用組合設立
28年 2月 牛深信用組合設立(昭和33年7月設立の河浦信用組合との合併)
11月 大津信用組合設立
30年 6月 阿蘇信用組合設立
12月 信用組合三和興銀設立
31年10月 鏡信用組合設立
33年 8月 熊本総合食品信用組合設立
11月 八代信用組合設立
35年 6月 三角信用組合設立
36年11月 宇土市信用組合設立
12月 松橋信用組合設立
60年 4月 熊本県信用組合発足(上記11組合の合併による)
営業区域を熊本県一円とし本店を熊本市に置く
6月 西日本建設業保証(株)代理業務取扱開始
61年 3月 私立学校共済組合年金取扱開始
62年 4月 国家公務員退職金振込取扱開始
地方職員、市町村職員共済年金取扱開始

住宅金融公庫代理業務取扱開始
9月 国家公務員給与振込取扱開始
10月 年金福祉事業団代理業務取扱開始
63年 1月 熊本県教職員退職金振込取扱開始
4月 私立学校教職員共済年金取扱開始
6月 国庫歳入金取次取扱開始
平成 2年 2月 CD機運転開始
7月 全国キャッシュサービス加盟による業態間CD提携開始
3年 5月 阿蘇支店新築移転オープン

第3次オンライン開始
4年11月 免田支店新築移転オープン
6年 4月 国債窓販業務取扱開始
7年 7月 年金倶楽部「あんしん」発足
8年 1月 本部・本店を熊本市の熊本紺屋今町ビルに移転、本店を「本店営業部」に改め、従来の本店を「田崎支店」に改称
9年 2月 信託銀行とのオンライン業務提携開始
4月 サンデーバンキング開始
11月 銀行系及びノンバンク系カード会社(11社)とのオンライン業務提携開始
10年 6月 高森支店移転オープン
11年 3月 御領支店新築移転オープン
12年 3月 現金自動機の祝日稼動開始

デビットカード取扱開始
4月 郵貯との現金自動機の提携開始
11月 パソコンネットワークシステム導入
12月 ホームページ開設
13年 5月 組合員への現金自動機利用手数料の無料化開始
10月 長期火災保険窓販業務取扱開始
12月 ITバンキングサービス取扱開始
15年 6月 個人向け国債取扱開始
16年 6月 変額個人年金保険取扱開始
18年 5月 宮崎県北部信用組合と合併契約締結
 9月 宮崎県北部信用組合と合併
19年 2月 本部・本店営業部を熊本市紺屋今町1番1号 シティ12ビルへ移転
20年 7月 本店営業部、窓口営業時間を午後6時まで延長
21年 2月 「けんしん経営塾」発足
 4月 融資部審査課から独立した経営支援室新設
 8月 熊本県農業信用基金協会と債務保証契約・業務委託契約締結
12月 熊本県漁業信用基金協会と債務保証契約締結

「中小企業者等金融円滑化対応本部」設置
22年 3月 創立60周年記念定期「感謝」発売
 7月 融資部から債権管理部門の管理部を独立し、本部組織を4部1室とする
 8月 カードローン「e−ライフ」発売
23年 1月 住宅ローン「住まいる いちばん プラス」発売
 2月 環境応援融資「けんしんビジネス エコローン」発売
 3月 総合口座通帳にくまもとサプライズキャラクター「くまモン」採用
 4月 「しんくみネット」の取扱開始
 5月 「けんしん災害復旧支援ローン」発売
24年 2月 ローン検索サイト「しんくみローンサーチ」において「Webローン」取扱開始
 4月 総務部から事務部門の事務部を独立し、事務部に事務課、システム課を配置し、本部組織を5部1室とする

全国しんくみ保証株式会社提携新商品のカーライフローン、リフォームローン発売

株式会社クレディセゾン提携新商品のスーパーフリーローン「速戦力」発売
25年 2月 「でんさいネット」サービス開始
 3月 「経営革新等支援機関」の認定受理
 4月 南九州税理士会熊本県連合会との提携ローン「けんしんビジネスパートナー」取扱開始
12月 熊本県納税貯蓄組合連合会・熊本県間税会連合会との提携ローン「けんしんタックスサポーター」取扱開始
26年 3月 日本政策金融公庫と業務連携・協力に関する覚書締結

熊本県中小企業診断士協会と業務提携に係る覚書締結(経営支援業務)

教育カードローン「夢☆応援」発売
 4月 日本政策金融公庫、熊本県商工会連合会等との連携等に伴う新融資制度「新事業応援つなぎ資金」・「創業・新事業応援資金」取扱開始
 7月 熊本県商工会連合会と小規模事業者支援に係る連携協力協定締結
10月 日本政策金融公庫と証券化支援業務に係る基本契約締結(農業分野)
27年 7月 熊本県中小企業団体中央会と「平成27年度金融機関連携体制構築事業」における連携事業を実施
9月 大分県信用組合、鹿児島興業信用組合、宮崎県南部信用組合と包括的連携協定を締結
10月 日本政策金融公庫延岡支店と「業務連携・協力に関する覚書」を締結
11月 「健康診査事業の推進に関する覚書」を締結(多良木町、高森町)
12月 「健康診査事業の推進に関する覚書」を締結(高千穂町、阿蘇市、宇城市、人吉市)
28年 1月 「健康診査事業の推進に関する覚書」を締結(南阿蘇村、熊本市)
南九州税理士会宮崎県連合会、宮崎県南部信用組合との「けんしんビジネスパートナー」取扱いに関する覚書締結
2月 「健康診査事業の推進に関する覚書」を締結(山江村、苓北町)
3月 「健康診査事業の推進に関する覚書」を締結(宇土市、八代市、あさぎり町)
6月 「熊本地震復興応援定期」販売開始
11月 熊本県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業(グループ補助金)復興計画の認定を受け、当組合が代表を務める「熊本地震の被災事業者を支え合うけんしんグループ」を立ち上げる。
熊本県からの「ブライト企業認定」を受ける。
29年 4月 管理部を融資部に統合、事務部事務課を総務部に、事務部システム課を業務部に統合し、本部組織を3部1室とする。

ページトップ